2021/2/18 HTML&CSS辞典をオープンしました! コンテンツは随時更新します!

h1・h2・h3・h4・h5・h6要素とは? 分かりやすく解説します!

h1・h2・h3・h4・h5・h6要素の評価
頻出度
(5.0)
重要度
(5.0)
総合評価
(5.0)




1.h1・h2・h3・h4・h5・h6要素とは?

見出しを表しているHTMLタグはh1、h2、h3、h4、h5、h6の6つが存在しています。

1から6は見出しの重要度を示すレベルを数字として表現したものとなっています。

h1が最もレベルが高い要素となっており、h6が最もレベルが低い要素となっています。




2.h1・h2・h3・h4・h5・h6要素の使い方

以下の例では、各セクションの見出しをh1要素で記述しています。

article要素の記事セクション内におけるアウトラインは、記事の見出しと小見出しの階層構造をh1、h2要素で生成しています。

・・・

<body>
 <header>
  <h1>全体の見出し</h1>
 </header>
 <article>
  <h1>記事の見出し</h1>
  <p>記事の文章</p>
  <h2>記事の小見出し</h2>
  <p>記事の文章</p>
 </article>
</body>

・・・
h1~h6要素を利用する際の注意点

見出しのレベルは高い順から順番に利用するようにしましょう。

例えば、h1要素の次にh3要素を記述しないようにするなどです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です