htmlのブロック要素「figureタグ」とは? 使い方も分かりやすく解説!

figure要素について知りたい人

figure要素について知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • figure要素とは!?
  • figure要素の使い方
  • figure要素とp要素の違い

figure要素を利用することで写真、挿絵、図表、コードなどのまとまりを表現できます。

この要素は写真と説明文のまとまりを作りたいときに利用されます。

例えば、figure要素で商品写真を表し、figcaption要素で写真内容について記述していきます。

そこでこの記事ではfigure要素について解説していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

figure要素の評価
頻出度
(3.0)
重要度
(3.0)
総合評価
(3.0)

1.figure要素とは?

figure要素はイラスト・図・写真・ソースコードなど図表であることを示す際に使用します。

figure要素を使用することによって、コンテンツを一つの単位として区分け可能です。

図表にキャプションや注釈を付けたい場合はfigcaption要素を使用します。

img要素だと写真と検索エンジンも把握できますが、img要素以外だと中々画像と認識することはできません。

そこで誕生したのがfigure要素でした。

この要素をしっかりと理解して使用することで、検索エンジンのクローラーに抽出されやすくなりました。

文章構造が理解しやすくなるのでSEO対策にも役立ちます。

しっかりと理解して正しく使えるようになりましょう!


↓↓↓↓ figcaption要素について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になって下さい。

[alt属性との違いは?] htmlのfigcaption要素とは? 使い方・読み方も分かりやすく解説!




2.figure要素の使い方

それではfigure要素の使い方をみていきましょう。

・・・

<figure>
 <img src="top-image.png" alt="トップ画像">
 <figcaption>HTML&CSS辞典のトップ画像です。</figcaption>
</figure>

・・・

上記の例ではfigure要素でトップ画像を表し、figcaption要素でトップ画像についてのキャプションを記述しています。

figure要素に対してfigcaption要素を用いることで構造的に整理できます。

検索エンジンのクローラーに対してもこの要素は役立っています。

クローラーにとってもわかりやすい構造にしておくことで検索順位も変わってきます。

SEO対策の一つにもなるので是非使い方を理解しておきましょう。




3.figure要素とp要素の違い

p要素はparagraphの略で文章の段落を表現するのに利用します。

figure要素を使用していると画像などのコンテンツにp要素を入れていいのかと迷うかと思います。

その際、コンテンツが文脈の一部であるかどうかを確認する必要があります。

p要素内に画像を挿入する際は、文脈としてコンテンツが不可欠である場合であることが多いです。

一方、文脈的にコンテンツがなくても、問題がない場合、figure要素を使うべきです。


↓↓↓↓ p要素について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になって下さい。

[SEOに重要!?] pタグの意味は? divタグとの違い・デフォルトスタイルも分かりやすく解説!

 

HTML5/CSS3モダンコーディング フロントエンドエンジニアが教える3つの本格レイアウト スタンダード・グリッド・シングルページレイアウトの作り方」はHTML5/CSS3を使ってモダンなサイトを制作するためのコーディングテクニックをハンズオン形式で学ぶ本です。

実践的な内容になっているので次のステップに進みたいという方は是非利用してみてはいかがでしょうか!?

 

HTMLやCSSを利用してWebサイト制作の副業に挑戦してみたいという方はいませんか!?

そんな方に「はじめての副業コース」をオススメします。

なんとHTMLやCSSを学べるだけでなく、案件紹介も行ってくれます!

Webサイト制作で稼ぎたいという方は是非「はじめての副業コース」を受講してみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。