[使いすぎ注意?] htmlのdiv要素とは? idとclassの使い方・読み方も分かりやすく解説!

div要素について知りたい人

div要素について知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • div要素とは!? 読み方は!?
  • div要素の使い方
  • idとclassの使い方
  • div要素の使いすぎ注意?

div要素は文書に構造を付加するためのブロックレベル要素です。

要素自体は意味のない単純なブロックレベル要素のため、id属性やclass属性にスタイルシートを組み合わせることで特定の範囲にスタイルを設定する場合などに使用します。

つまり、div要素は、コンテンツの幅、高さ、余白などを柔軟に指定できるブロック要素です。

h1~h6要素やp要素などといったよく活用される代表的なHTMLタグの一つといえます。

そこでこの記事ではdiv要素について解説していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

div要素の評価
頻出度
(5.0)
重要度
(5.0)
総合評価
(5.0)

1.div要素とは? 読み方は!?

div要素のdivは「division」の略で主にデザインやレイアウトを整えるために使います。

読み方は「ディヴヨウソ」です。

div要素自体に特別な意味を持ちませんが、class属性、lang属性、title属性などをつけてコンテンツに意味づけできます。

div要素と同じ役割を持つ要素として、span要素もあります。

囲った部分をブロック要素としてまとめて扱うことができるので、CSSを使ったレイアウトでもよく利用します。

HTML&CSSにおいて非常に大きな役割を持つ重要なタグの一つなので是非使い方をマスターしましょう!




2.div要素の使い方

それではdiv要素の使い方をみていきましょう。

・・・

<h1>div要素とは? 分かりやすく解説します!</h1>
<div>
 <h2>div要素とは?</h2>
 <p>div要素のdivは「division分割」の略で主にデザインやレイアウトを整えるために使います。</p>
</div>
<div>
 <h2>div要素の使い方</h2>
 <p>それではdiv要素の使い方をみていきましょう。</p>
</div>

・・・

上記をみてわかるかと思いますが、div要素によりグループ化が視覚的にイメージしやすくなったのではないしょうか?

このようにWebページのレイアウトを構成する際に使用されます。

div要素はHTML&CSSにおいて非常に大きな役割を持つ重要なタグの一つなのでしっかりと覚えておきましょう!




3.idとclassの使い方

div要素を利用してグループする際にidとclassを利用します。

div要素でグループ化したい要素を囲み、idとclassを利用してグループに名前をつけ、CSSでデザインを施すという手順になります。

以下はHTMLのソースコードです。

赤、緑というテキストをdiv要素で囲み、classを用いてred、greenという名前をつけました。

・・・

<div class="red">
 <p>赤</p>
</div>
<div class="green">
 <p>緑</p>
</div>

・・・

可視化しやすくするために上記のグループにCSSで高さと色を適用させていきます。

.red {
 height: 100px;
 background-color: red;
}
.green {
}

上記のようにすることで視覚的にイメージしやすくなります。

div要素はグループ化を用いて、Webページのレイアウトを構成する際にも使用されます。




4.div要素の使いすぎ注意?

迷ったら取りあえずでdiv要素で囲っておけば問題ないと思ってマークアップしているとdiv要素でいっぱいになるということはありませんか?

適切にdiv要素で囲むことができれば、Googleに評価してもらえるようになり、検索順位が上がりやすくなります。

また、チームで作業する際に優しいソースコードとなります。

htmlの要素はそれぞれ役割があり、適切に使用するようにしましょう!

 

HTML5/CSS3モダンコーディング フロントエンドエンジニアが教える3つの本格レイアウト スタンダード・グリッド・シングルページレイアウトの作り方」はHTML5/CSS3を使ってモダンなサイトを制作するためのコーディングテクニックをハンズオン形式で学ぶ本です。

実践的な内容になっているので次のステップに進みたいという方は是非利用してみてはいかがでしょうか!?

 

HTMLやCSSを利用してWebサイト制作の副業に挑戦してみたいという方はいませんか!?

そんな方に「はじめての副業コース」をオススメします。

なんとHTMLやCSSを学べるだけでなく、案件紹介も行ってくれます!

Webサイト制作で稼ぎたいという方は是非「はじめての副業コース」を受講してみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。