2021/2/18 HTML&CSS辞典をオープンしました! コンテンツは随時更新します!

[2021年最新] Windows Serverが使えるオススメのVPSを徹底比較

Windows Serverが使えるオススメのVPSを知りたい人

Windows Serverが使えるオススメのVPSを知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Windows Serverとは!?
  • Windows系とUNIX系の違い
  • [2021年最新] Windows Serverが使えるオススメのVPSを徹底比較

Windows Serverに対応しているVPSは限られています。

しかし、最近ではWindows Serverに対応しているVPSが誕生しました。

しかも誰でも簡単に導入が簡単です。

そこでこの記事ではWindows Serverが使えるオススメのVPSをまとめてみました!

気になる方は是非最後までご覧になってください。

1.Windows Serverとは!?

Windows Serverは、Microsoftからリリースされているサーバー系OSです。

Windowsといえば、Windows10などのデスクトップOSを思い浮かべる方が多いと思います。

2021年6月、Windows OSの世界占有率は72.98%と驚異的なシェア率となっています。

数字からわかるように様々な場面で広く利用されています。

Windows ServerはWebサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーなど、利用者にさまざまなサービスを提供しています。

最近ではGMOインターネットグループがテレワークを全社一斉導入の報道が話題となり、その後も、NTTグループやNEC、ソフトバンク、ヤフー、電通、KDDIなど、大企業が在宅勤務を導入すると連日報道され、政府もテレワークを推進しています。

このようなこともあり、ネットワーク経由で他のコンピュータのデスクトップ画面を表示して操作することのできるリモートデスクトップが人気となっています。

そこでこの記事ではWindows Serverが使えるオススメのVPSをご紹介したいと思います。

2.Windows系とUNIX系の違い

次にWindows系とUNIX系の違いをみていきましょう。

Windows系 UNIX系
メリット ・GUIベースメインで比較的管理がしやすい
・クライアントがWindowsのシステムを構成しやすい
・ライセンスが不要で安価
・機能性・セキュリティが高い
デメリット ・ライセンス料が高い ・CUIベースメインで運用には高い技術力が必要
用途例 ・Active Directory、社内ファイルサーバー等 ・Webサーバー等

Windows系は、Linux系に比べると費用は高くなるが、導入しやすいことがわかります。

3.[2021年最新] Windows Serverが使えるオススメのVPSを徹底比較

それではWindows Serverが使えるオススメのVPSをご紹介していきたいと思います。

ConoHa for Windows Server

特徴
  • SSD標準、超高速VPS
  • いつでもどこでも接続可能
  • 24時間安定稼動で安心
  • Microsoft Officeが利用できる

ConoHa for Windows Serverは、日本マーケティングリサーチ機構による調査で「テレワーク利用者満足度No.1」を獲得しています。

テレワークの導入にあたり、ご自宅のPCに作業データを残したくない、PCスペックに不安がある、Mac PCしか持っていないなどのお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ConoHa for Windows Serverなら、そんなお悩みをお持ちの方でも、初期費用無料、月額979円から、すぐに快適なWindows環境を利用することができます。

この機会に是非ConoHa for Windows Serverを利用してみてはいかがでしょうか!?

[初心者必見] ConoHa for Windows Serverの使い方を分かりやすく解説

さくらのVPS for Windows Server

特徴
  • いつでもどこでもWindowsが使える!リモートデスクトップ
  • ビジネスユースにも最適!Office利用可能!
  • 圧倒的なストレージ性能
  • 複数台対応!接続数に上限なし!ローカルネットワーク
  • 複雑な操作もクリックひとつ!コントロールパネル
  • 簡単に上位プランに変更 スケールアップ

さくらのVPS for Windows Serverは全プランSSDを搭載し、低価格×ハイパフォーマンスを実現しています。

Windows環境が、月額1,100円(税込)から利用可能です。

リモートデスクトップがあれば、検証作業のためだけにWindows環境を用意する必要がなく、ムダな投資を抑えることができます。

この機会に是非さくらのVPS for Windows Serverを利用してみてはいかがでしょうか!?

[初心者必見] さくらのVPS for Windows Serverの使い方を分かりやすく解説

WindowsServer VPS【ABLENET】

特徴
  • 低価格VPSからハイスペックまで、豊富なラインアップ
  • 長期間の運用実績
  • 面倒な設定不要でWindowsデスクトップが利用できるWindowsプラン4つ
  • 最大10日間のお試しが可能

ABLENETはWindowsプランとして「Win1~Win4」までの4プランを用意しています。

面倒な設定なく、申込み後、1時間~2時間程度でWindowsServerを利用することができます。

ABLENETのVPSは、最大10日間のお試しが可能です。

本契約の際、試用期間で利用した状態のまま移行できるため、手間もかかりません。

この機会に是非WindowsServer VPS【ABLENET】を利用してみてはいかがでしょうか!?

[初心者必見] ABLENET Windows Serverの使い方を分かりやすく解説

4.まとめ

Windows Serverが使えるオススメのVPSをまとめてみました。

よかったら、利用を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です