2021/2/18 HTML&CSS辞典をオープンしました! コンテンツは随時更新します!

[CSS] fontプロパティで行の高さをまとめて指定しよう!

fontの評価
頻出度
(5.0)
重要度
(5.0)
総合評価
(5.0)




1.fontとは?

fontプロパティはフォントのスタイルや太さと行の高さを一括指定するショートハンドです。

システムフォントのキーワードを1つだけ指定するためにも使用できます。

値の指定方法は以下の通りです。

{ font: 値; }

値の指定方法

個別指定の各プロパティと同様です。

font-size、font-familyプロパティの値は必須でこの2つ以外は省略可能です。

省略した場合、各プロパティの初期値が適用されます。

font-style、font-variant、font-weightプロパティはfont-sizeプロパティよりも前に指定します。

font-variantプロパティはnormal、small-capsのみ指定可能です。

また、line-heightプロパティはfont-sizeプロパティに続けてスラッシュの後に指定します。

font-familyプロパティは必ず最後に指定します。




2.fontの使い方

それではfontの使い方をみていきましょう。

p {
 font: 12px/14px sans-serif
}

上記の例はフォントの大きさを12px、行の高さを14pxにしてフォントファミリをsans-serifに設定しています。

他にも値を設定できるのでいろいろと試してみることをお勧めします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です