2021/2/18 HTML&CSS辞典をオープンしました! コンテンツは随時更新します!

[CSS] shape-marginプロパティでテキストの回り込みの形状にマージンを指定しよう!

shape-marginの評価
頻出度
(1.0)
重要度
(1.0)
総合評価
(1.0)




1.shape-marginとは?

shape-marginプロパティはshap-outsideプロパティによって指定された回り込みの形状に対してマージンを指定します。

値の指定方法は以下の通りです。

{ shape-margin: 値; }

値の指定方法

  • 任意の数値+単位
  • %値




2.shape-marginの使い方

それではshape-marginの使い方をみていきましょう。

.sample {
 shape-outside: circle(50%);
 shape-margin: 10px;
}

上記のようにshape-marginで、シェイプ (浮動要素) の縁と周囲のコンテンツとの間隔を調整することができます。

他にも値を設定できるのでいろいろと試してみることをお勧めします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です